こみちようちえん
English 簡体中文 ハングル
サイトマップ お問い合わせ 個人情報の取扱いについて
ほんえんについて きょういくもくひょう にゅうえんについて こみちつうしん こみちかれんだー もっとKOMICHI こんなことしたよ
TOP > 附属幼稚園の良さ

附属幼稚園の良さ


幼児期の最も大切な教育活動は「遊び」です!
―幼児期の発達特性を生かした保育をー

 幼児期の発達の特性として、興味・関心のあるものには、目を輝かせながら、何度も何度も生き生きとそのものに挑んでいきますが、一方でそうでないものにはかかわろうとしないところがあります。
 つまり、大好きなこと、今興味や関心があることに自分から生き生きと挑んでいる姿が幼児期の「遊び」なのです。我を忘れ、時を忘れ、夢中になって遊んでいる時に様々なものや多くの友達とのかかわりを深め、たくさんのことを知ったり、もっと楽しくするための知恵を出し合ったりするのです。
 幼児の自発的な活動としての遊びを大切にすることを通じて、幼児の内に秘められた無限の可能性を伸ばしていくことは、幼児期の教育において最も大切にしなければならないことです。
 こみち幼稚園では、幼児の好きな遊びを大事にし、それを温かく見守りながら、幼稚園教育要領をふまえた教育課程・指導計画のもと、幼児の人格形成の基礎が築けるように総合的な指導を重ねています。
 さらに、これだけではなく、先生のピアノ伴奏に合わせてうたったり、楽器を奏でたり、かいたり、つくったり、紙芝居や絵本を見たり・・・と集団教育の場も、幼児の発達に添いながら取り入れ、みんなでする活動も一日の生活の中におりこみ、変化のある楽しい日々が送れるようにしています。

 
附属幼稚園ならではの良さ!

 こみち幼稚園は、大阪成蹊短期大学の附属幼稚園です。短期大学には、幼稚園の教諭や保育所の先生である保育士を養成する幼児教育学科があります。幼児教育学科の先生方や幼児教育に関する研究の成果を幼稚園教育の中に取り入れています。また、短大の先生や多くの学生も教育実習などを通して、保育活動を支援しています。また、近年は、大阪成蹊大学教育学部の学生も教育実習や保育活動に参加しています。
 園児たちはこれらの多くに人々の温かいまなざしのもと、豊かな幼稚園生活を送っています。
 また、短大の調理・製菓学科の先生方が作成される栄養指導の手紙「みにとまと」を定期的に配布しています。
 短大、大学の施設も優先的に使用でき園児達に豊かな経験が積めるように保育内容の充実に努めています。

附属幼稚園の良さ

こみち幼稚園
〒533-0001 大阪市東淀川区井高野4丁目8-8(市バス井高野車庫前バス停より東へ徒歩5分)
<TEL>06-6829-2598 <FAX>06-6829-3314
Copyright (c) 2007, KOMICHI KINDERGARTEN. All rights reserved.