English 簡体中文 ハングル
サイトマップ お問い合わせ 個人情報の取扱いについて
ほんえんについて きょういくもくひょう にゅうえんについて こみちつうしん こみちかれんだー もっとKOMICHI こんなことしたよ
TOP > こんなことしたよ! > こんなことしたよ!バックナンバー

こんなことしたよ!バックナンバー

入園式から一月経ちました。

初めは、泣いて登園を渋ったり、保育室から飛び出したり、中には「帰りたくない〜」と泣き叫んだり・・・子ども達の様子は様々でしたが、随分と落ち着き、担任の「おはなしはじまるよ〜」の声にす〜っと保育室に入ってピアノの前に集まるようになっています。
・・・とはいっても、これから、全日保育が始まり、暑くなってくると、また、「いやだ〜。」と逆戻りしてしまう子どももいるでしょう。
「がんばっておいで。」「泣いたらだめよ。」ではなく、「いっぱい泣いたらいいよ。」「いっぱい遊んでおいで。」と送り出してあげてください。

そして、子どもが帰って来たら、「いっぱい遊んで楽しかったね。」と抱きしめてあげてください。
朝来たら、年長のお兄さんやお姉さんが大活躍!!お世話をする年少児を保育室まで連れて行き、タオルをかけたり、シールを貼ったり、うがいをしたり、一つひとつ丁寧に教えてくれます。

年長児の中には、お世話に疲れて「面倒くさいわ。」と言ったり、自分の保育室に着くやいなや、担任にべったりと甘える子どももいます。年長組の担任はそんな子どもの気持ちを受け止めつつ、意欲的にお世話に取り組むことができるようにしています。年下の子どもとのかかわりを通して、人とかかわっていく力を学んで欲しいと思っています。

身支度を終えたら、自分の好きな遊びに夢中!! 三輪車に乗ったり、砂場で遊んだり、一人ひとりが楽しんでいます。

これからは、一人遊びから段々と友だちを求めて遊ぶ方向に進みます。その中で、遊具の取り合いや、自分の思い通りにならないことがたくさんでてくるでしょう。子どもの発達について考える時に「けんか」はとても大切なプロセスです。「○○ちゃんがいじめるの。」「たたかれた。」等、今までは耳にしなかった話がポツポツとでてきます。「成長過程だな。」とドッシリと構えつつ、「いやだったね。」と子どもの言葉を一度受け止めてあげるように心がけてください。

年中児は、アサガオ用の土作りに挑戦。 ふるいを使って古くなった土をふるっていくと、「せんせい〜でっかいミミズでてきた。」「これ何の幼虫やろう。」と土の中からでてくる生き物に夢中でした。


年長組の誕生会は月末に遊戯室で行います。 保護者の方のご協力で小さい時の写真(赤ちゃん時)をメッセージを添えて持ってきていただき、大きなスクリーンにOHCを使って映し出し、メッセージは保育者が読み上げます。 写真を見ると「わ〜!!○○君や。かわいいな〜。」と大歓声。 メッセージを読んでいると目の前に居る子ども達がどれだけ愛されているのかわかり、目頭が熱くなります。
 
こみち幼稚園
〒533-0001 大阪市東淀川区井高野4丁目8-8(市バス井高野車庫前バス停より東へ徒歩5分)
<TEL>06-6829-2598 <FAX>06-6829-3314
Copyright (c) 2007, KOMICHI KINDERGARTEN. All rights reserved.
学校法人大阪成蹊学園 大阪成蹊大学 びわこ成蹊スポーツ大学 大阪成蹊短期大学 大阪成蹊女子高等学校 こみち幼稚園